アンドレ・ギヨマン

アルマン・ギヨマンの小さな伝記

アルマン・ギヨマンの小さな伝記

アンドレ・ギヨマン『自画像』 1878年

アルマン・ギヨマン(Armand Guillaumin)は、1841年にフランスのパリで生まれる。

庶民の家庭の出身であるギヨマンは、学生時代、後の有力な美術収集家ミュレやウータンと出会う。

1856年、15歳のときには、叔父が経営する服飾店で働きながらパリ市内の夜間の写生学校に通った。

1860年、鉄道会社に転職し、仕事の合間にアカデミー・シュイスで絵画を学び始める。アカデミー・シュイスでは、カミーユ・ピサロやポール・セザンヌと出会い、交友関係を結ぶ。

1863年、落選者展に出品し、この頃、マネを中心に印象派の仲間となる芸術家たちが集って議論を交わすカフェ・ゲルボワに通うようになる。

その後、道路管理局で夜勤の仕事に就きながら、日中に絵を描き続ける。ギヨマンについて、友人で一緒に戸外制作を行なったピサロは「ギヨマンは昼の間に絵を描き、夜は溝のなかで働いている。なんて元気なのだ!」と綴っている。

1874年、第一回印象派展に参加し、計6回参加と、印象派展の常連メンバーになる。

アンデパンダン展や独立展を行っていくうちに評価が高まり、制作を続けていたが、あるとき、宝くじに当たり、10万フランを手にする。

この予想外の収入によってギヨマンは画業に専念できるようになり、旅行する自由も手に入れたことから、クルーズ渓谷やブルターニュ、フランス南部、オランダなど新しい風景を見出していった。

謙虚な人柄だったが、画風には荒々しさがあり、後年の野獣派フォヴィスムに影響を与えた。ゴッホやシニャックなといった印象派以降の画家たちにも助言を送っている。

晩年はクローザンに移住し、個展の開催やオランダで制作を続けるも、やがて創作力が激減。1927年に死去。享年86歳。