フィンセント・ファン・ゴッホ

ゴッホの描く秋

ゴッホの描く秋

ポスト印象派の画家フィンセント・ファン・ゴッホは、自分のなかに渦巻く荒々しい感情を、そのまま色で表現したような激しい特徴の絵も多いですが、一方で、静かな、暗い作品もあります。

以下、ゴッホが描いた、秋の寂しげな景色が題材となっている風景画です。

フィンセント・ファン・ゴッホ『4本の木のある秋の風景』 1885年フィンセント・ファン・ゴッホ『4本の木のある秋の風景』 1885年

フィンセント・ファン・ゴッホ『秋のポプラ通り』フィンセント・ファン・ゴッホ『秋のポプラ通り』 1884年

フィンセント・ファン・ゴッホ『夕暮れの秋の風景』 1885年フィンセント・ファン・ゴッホ『夕暮れの秋の風景』 1885年

どの絵も、ゴッホらしい鮮やかな色味や荒々しい筆致ではなく、どこかバルビゾン派の風景画を彷彿とさせる自然描写となっています。