印象派の雑学

写真家ナダール撮影の画家の肖像写真

写真家ナダール撮影の画家の肖像写真

ナダール セルフポートレートナダール「セルフポートレート」

ナダールNadarは、数多くの文化人や作家、芸術家などの肖像写真を撮影したフランスの写真家で、1820年にパリで生まれ、1910年に90歳で亡くなります。

若い頃のナダールは、小説や風刺画などを描いていたものの、19世紀半ば頃に新技術の写真に着目(写真は、1839年にフランスの画家ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールによって発明されます)。

時代は、絵画による肖像画から、写真による肖像写真に移り変わり、パリ中に写真館が生まれます。

そして、肖像写真を撮影するというブームが到来し、その流れに乗るようにナダールの開いた写真館も軌道に乗っていきます。

ナダールが撮影した肖像写真のなかには、多くの著名人が存在し、たとえば画家では、ドラクロワやコロー、ミレー、ドービニーなど錚々たるメンバーが並んでいます。

ナダール ミレー ナダール撮影 ジャン・フランソワ・ミレー

ナダール ドラクロワ ナダール撮影 ウジェーヌ・ドラクロワ

ナダール ドービニー ナダール撮影 シャルル・フランソワ・ドービニー

ナダール コローナダール撮影 ジャン=バティスト・カミーユ・コロー

写真家ナダールと印象派展の関係で言うと、まだ30代半ばと若かったモネやルノワールたちが開催し、のちに印象派展と呼ばれる第1回の展示会に、スタジオを無料で貸していることでも知られています。

印象派と写真も決して無関係ではなく、写真技術の登場によって写実的な絵では写真以上の現実が写せないことから、画家たちが写真では写し取れない革新性を求められることも、印象派が生まれる要因の一つになっています。

そのため、印象派誕生の起源である第1回印象派展のスタジオが、写真家ナダールのスタジオだったことは歴史の面白い符号と言えるかもしれません。